ホームページへ もどる
住基ネットにおけるサーバー間の
自動的なデータ同期(情報整合)動作について


1. 自動的な「データ同期」は行われていない

 「住民基本台帳ネットワークシステム基本設計書」では、市町村・都道府県・全国センターのデータベース上の情報の「同期」に言及する設計方針は(おそらく)示されていない。
 これに代わって、階層データベース間での「情報の整合性」を確認するための手作業の業務が規定されている。
 この規定は、市町村、都道府県および全国センターのそれぞれの業務として、基本設計書の業務設計では、4カ所で言及されており、それぞれの業務設計から、住基ネットの階層データベース間での自動的な「データ同期」を行う機能を住基ネットは持たないことが推測できる。
*以下で説明する業務設計は、基本設計書上ではすべてイラストで書かれいる。

(1) 住民基本台帳とCSの間での
  自動的なデータ同期は行われていない

 市町村の業務として、次のことが規定されている。
 住民基本台帳システムから、「本人確認情報整合用データ」を媒体に出力し、これを「CS」に読み込んだ上で、「本人確認整合」を行い「結果リスト」を紙にプリントして確認する。
 この作業については、住民基本台帳およびCSから紙にプリントした「本人確認情報」リストを、手作業で相互参照して確認する手順も規定されている。

 このことから、「住民基本台帳システム」のデータベースと「CS」のデータベース間における、自動的な「データ同期」は行われていないことが推測できる。なお、住基台帳とCS間のデータ同期については、東京地裁における「住基ネット差し止め訴訟」の行政(国・都)側弁論の中でも明示的に否定されていた。

(2) 市町村CSと都道府県サーバーの間での
  自動的なデータ同期は行われていない

 都道府県の業務として、次のことが規定されている。
 まず市町村の「CS」において、「チェック用データ作成」を行い、これを磁気媒体によって都道府県に送付する。
 これを受け取った都道府県は、「都道府県サーバー」上で「整合性チェック実施」を行い、結果を紙にプリントして確認する。
 さらに、全国センターに送付するための「整合性チェックデータ」を作成し、磁気媒体によって全国センターに送付する。
 
 このことから、「CS」のデータベースと「都道府県サーバー」のデータベース間における、自動的な「データ同期」は行われていないことが推測できる。
 
(3) 都道府県サーバーと全国サーバーの間での
  自動的なデータ同期は行われていない

 都道府県から磁気媒体で「整合性チェック用データ」が全国センターに送られていることから、「都道府県サーバー」のデータベースと「全国サーバー」のデータベース間における、自動的な「データ同期」は行われていないことが推測できる。

 全国センターの業務としては、次のように規定されている。
 都道府県から送られてきた「整合性チェックデータ」を受け取った全国センターは、「全国サーバー」上で「整合性チェック実施」を行い、結果を紙にプリントして確認する。

2. ネットワーク回線の設計において
  「データ同期」のための通信容量は考慮されていない


 基本設計書の「回線帯域設計」において、回線帯域(回線の通信容量の上限)を算出する根拠として、次の項目について「1時間あたりのピーク時業務件数」を算出するとしている。

  付記転出届による転入転出
  付記転出によらない転入転出
  転居
  住民票の写しの広域交付
  出生
  死亡

 また、ネットワーク上を流れる「業務種別」のデータとして
 
  住民が窓口を訪れた際にその場で発生する業務
  当日の更新データの一括送信(更新データの送信・住民票コードの追加割り当て)
  突発事の情報更新など
  ネットワーク管理(ルーティングテーブルの更新、ルーター・サーバーの監視)
  ファイルデリバリ(システムに共通するコード情報・改修されたソフトウェアの配布)
 
 以上の規定から、住基ネットのネットワーク回線の容量設計では、かなり大量になることが予想される「自動的なデータ同期のための情報」が含まれていないことがわかる。住基ネット上で、とくに「CS」(市町村)と「都道府県サーバー」などの間での「自動データ同期」が行われていないことは、ここからも推測できる。

3. 基本設計書(2.0版)で上記を規定しているページ

●本人確認情報の整合性チェックに関する業務
 全国センター業務:本編 第3編 業務設計 p.2-28 (12) 本人確認整合
 都道府県業務:本編 第3編 業務設計 p.2-50 (8) 本人確認整合
 市町村業務:本編 第3編 業務設計 p.2-107〜108およびp.2-143 (12) 本人確認整合

●ネットワーク回線容量の積算
 本編 第5編 ネットワーク設計 p.1-15〜


© 2007.3.6 Nishimura, Tohru / office dlc